リフォームに関する情報が満載!

50代や60代ではじめる戸建ての省エネリフォーム

戸建てリフォームの実施者は今のところ、50代や60代が中心となっており、自分が健康なうちに行っておこうという人も多いものです。
工事には1か月から2か月の期間がかかることもありますし、工事が始まると居住者は不便な生活を強いられることになるので、動けるうちにやっておこうという人が多くなっています。
50代や60代の世帯が中心となるので、工事の内容は主にバリアフリー改修です。
とくに手すりなどを設置する家が多く、国や自治体が補助金を出していることがあり、最近では省エネリフォームも増えてきています。
認知度はまだまだ低い戸建て住宅の省エネリフォームですが、省エネ住宅エコポイントの対象にもなっていますので、自宅の壁や窓などの断熱性を高めることで省エネはもちろんのこと、ヒートショックも防止できますから病気の予防にもなり、今後はますます需要がふえていくものとされています。
結果としては医療費の削減にもなりますから、健康な暮らしにも寄与してくれるのです。

使わないことがエコではない戸建ての省エネリフォーム

省エネで環境にやさしく経済的、そのようなエコな戸建て住宅にするには、断熱をしっかりとおこない、採光や通風をよくすることが基本です。
さらに省エネ住宅になる設備機器も多くでているので、こちらの採用も検討する価値があります。
今後は住宅でも省エネ基準が義務化されていく方向性ですし、住宅の性能向上にたいして建物の価値があがるような評価もされていく方向で動いていますので、築年数が古くても質が良ければ評価されるようになるのです。
省エネ設備機器には、エネルギーを生み出すものや効率よく使うものなどがあります。
太陽光発電システムや家庭用燃料電池があり、いずれも光熱費を削減するのには最適な設備です。
しかし、導入費用が高めですので、予算と併せた検討が必要です。
また、太陽光発電システムは屋根に搭載するので、その荷重に建物が耐え、耐震性も確保できるのか構造の点検も必要になります。
リフォームであっても省エネ住宅エコポイントの対象となっていますし、さまざな支援制度がおこなわれていますので、我慢せずにエコな生活を手に入れるきっかけとする大掛かりなリフォームの検討もしやすくなっているのです。

check

文書管理

最終更新日:2017/12/12

『リフォーム 戸建て』 最新ツイート

@digitalkingkazu

リフォーム業者が、戸建てに数年前の雪で雨樋が壊れてますよ~火災保険で直せますと声を掛け、足場掛けるので80万~ついでに外壁塗装も(これが目的)営業していて、その支払いも保険料アップの要因(*_*)

1時間前 - 2019年05月24日


@be_real_estater

【住友不動産】マンションだけでなく、戸建ても主体となって行う。「新築そっくさん」などのリフォーム事業も盛ん。

1時間前 - 2019年05月24日


@lifeservice_h

築20年の戸建て浴室をキレイにして欲しいとのご要望を受けて、まずは立ち上がり部分にパネルを貼ってプチリフォーム! 随分とイメージが変わりましたね。 次は、全体の洗浄と研磨コートで更にキレイに致します。 #戸建て #浴室… https://t.co/aOZZY4dokf

5時間前 - 2019年05月23日


▲ページトップ

Copyright (C)2015 Re;Horm.All Right Reserved.